がん保険で万全の体制を

がん保険で万全の体制を

近年のがんの治療法は、医学の進歩により入院することなく日帰りで手術が出来たり、通院で放射線治療や抗がん剤治療をする場合が増えています。

一般的な医療保険では入院をした日数を保障してもらえたり、退院後の通院にのみ給付金が出るようになっていますが、日帰りで手術をした場合や通院だけの場合には給付金が受けられないものが多いです。
そこでお薦めするのががん保険です。

がん保険は、医療保険と違ってがんになった時にしか効力を発揮しない保険ではありますが、もしもがんと診断されたとき、診断された時点で一時金として給付金が支払われたり、治療についても入院しなくても保障してもらえたり、また転移や再発した場合でも一生涯保障してもらえるという利点がたくさんあります。

がんは治療が長期化しやすい病気の一つでもあり、年間で治療費に平均100万円以上かかるというデータもあります。
治療が長引くと収入面も減少してくる可能性がありますし、生活費の負担も考えると蓄えがいくらあっても足りません。

今では日本人の2人に1人ががんにかかるといわれるほど身近な病気になっているがんなので、がん保険に入っていればもしもご自分ががんになってしまったときでも万全の体制で治療が出来る環境を今から作っておけます。

最新のお知らせ

  • [2016年09月15日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年09月15日]
    運営者情報を追加しました。